原宿駅前ステージ 6/25 夜 原宿乙女単独公演 169回目

C-4-4。引けなかったし一回は俯瞰で見たかったしルックもあるしでいい席だし結果的には俯瞰で見れたのが良かった公演だったから完全に正解だった。好きな子はそんなことはおくびにも出さずしっかり公演やりきろうと努める子なのでその子ばかりを見ていたら気づかなかったかもしれないから。。。序盤からみづほとじゅりっぺが涙を溜めててそれっぽい話も聞いてるしまあやっぱそういうことなんだろうなーと覚悟を決めることができた。昼のじゅりみづほトークのところでみづほ一人で出てきて特技と言っていたけどまだ見せてなかったのでと過去のバレエとピアノの演奏会の映像を出してきてアニメだったら絶対もうすぐ死ぬだろのフラグびんびんに立てまくってたしその後のプレゼント渡しも記名ありの渡し方ではと思っていたら事実そのようででした。。(個人的にはC-5に座ってる人にも渡してたのでそんなことまでバッチリ見えているのかというのが1番の驚きでした。)大人の事情があるのか結局最後まで明示的な事はなかったというかそんな余地残す必要ある?もっともっと示唆的でよくない?とはっきりしないの好きではないのでちょっとイラッてきてしまった。りーちゃんはチェキ渡す時こちらが介入する間もないくらいまっしぐらではっきりしてるから好き。こうまでして同じ人員で進むのであれば自身の快楽で人に後ろ指刺されるようなことになって心がつらいからもう旬も過ぎましたが謝ってみましたすっきりしたーって自分本位で最初っから最後まで自身の快楽のみしか追求してねえじゃねえか応援してくれてるみなさんがうんたらってさっき言った言葉どこにかかってんだよなめてんのかってアンチになっちゃうから別に今まではどうでもよかったんだけどここまでやったらさすがにやめてね(ダブルミーニング)晩年は進退決まって戻した感あったけど僕のことまで見てくれてるのはなんか違うなって思っててやっぱりみづほは自担の厚遇ハンパなくて他担完シカエグい曲げの指さしキメたり新規もガンガン取ってくけど現時点でレスの行き先飽和してるしそのやり方で取れる新規は認知モンスターだしで(主に中田他界女子)増えてきて立ちゆかなくなってきて徐々に綻びが見えてきて瓦解していくんだろうなというのの経過を見ていくのとそういう危ういスタイルのみづほがすごく好きだった(ひどい)本来私のことを見てる暇なんてないはずなのだよ、、晩年は普段通りを装っていたけどおかしかったよ。。取り繕ってただけだったよ。。みづほサンクチュアリが私の思い描いていた方向とは全く別なベクトルで崩壊していくとは思わなかったよ。。悲しいよ。。。どういう経緯を辿ろうが最終的には崩壊すると思ってましたが。。こんな終わりは望んで無かった。。もっと自らの力の強大さを上手く使いこなすことができず崩壊の道筋を歩んでた気づいた時にはもう遅かったみたいな感じでいってほしかった。私のみづほサンクチュアリのイメージは蜘蛛の糸(レス)垂らす神様(みづほ)と下にそれ登ってくるカンダタがめっちゃいてみんなが一本の蜘蛛の糸を他人を蹴落としながら登ってきてるイメージです。おそらく良心の呵責が的な依願であると思いますのでお疲れ様でしたとしか言えません。いやまだ本当にそうなんだか分かんないけど(イラ。心が綺麗な人は向いてない職業だよ。後列席はやはりいいですね。こういう言い方もアレなんですが振り付けにある指差しとかはもうくるので後ろとかで見ててこんなとこでチラッと一瞬見てくれるの!ってドキっとするのが一番楽しいんですよね。というのは体のいい言い方でで本当は俯瞰で見てるからって他のメンバー見てたら視線を感じるってそっちの方向を見たらこっちを見てたからドキッとしててドキッの種類が違うかもしれないけど。。まあそんな種類なんてのは些細な事で吊り橋理論みたいに別なことでもドキドキしたら好きになるからドキッとするようにすりゃいいんじゃん。そっちの方が楽しい楽しい。昼がC1-4でお見合い時間が長いのは絶対こっちなんだけど一瞬だけどそういうのがあるのはC4なんだよ。この感覚に陥りたくてアイドルオタクやってる。近さに惚けてこれを忘れないようにしたい。もっといっぱいドキッとしよう!中田好きかもしれない。。。なぎ乙女完全移籍しないかなーーー。なぎはいいよアツイよ。私の乙女生活がより万全なものになる。もしくは茉央。七聖よりも茉央。そうだ茉央にしよう現役ニコラモデルとか入れるとまたギスるから!茉央しかない!(いろんなことがおきすぎたため錯乱)