原宿駅前ステージ 5/21 夜 塚本凪沙バースデースペシャル 154回目

C-1-7。美雪ちゃんかわいい!美雪ちゃんかわいい!!久しぶりこの感覚!美雪ちゃんかわいい!となったけどすぐさまりーちゃんに上書き更新されてしまっているのだがこれはふわふわ→乙女って流れがよくないよな。乙女が後だからりーちゃんの話ばかりになってしまう。悪いのはステージ構成であり私ではない。断じてない。やるグループが逆になっていれば結果もきっと逆だったと考えたけど逢いましょうもキャンストもくるからりーちゃんの方がアツいな、、と思い直した。。悪いのは美雪ちゃんを隠してしまう辰巳さやかさんであり私ではない。美雪ちゃんの身長が167cmはあったら結果もきっと逆だった。これだ。辰巳さやかさんが悪い。普段話題に出さないのにこういう時だけ名前出されてほんとかわいそう。。。あ、ピンクの新曲好きです。急遽チケ回ってきたんだけどなぎとは仲良しなので参加できてよかった。なんで仲良しなのかを振り返ってみても謎というか向こうから歩み寄ってきていただいた感しかない。初めて話した時から恋愛ものの相談できる女友達のポジションだった。ほんと助かった。なんで初見でそんなに知ってるのかは謎だ。僕とかスーパー存在感無いオタクですのに。。なぎがいるからこそふわふわでの私の今のポジションがあるといっても過言ではない(ふわふわではない)ぶっちゃけなぎいるレーンが一番面白いから一番握手券使ってたのなぎかもな所あるからね。。(面白さ重視のオタク)ふわふわ握手会でなぎに助けられた分原宿乙女コミューンの先輩として今度は私がなぎが原宿乙女のみんなと真に打ち解けられるよう道筋を作っていってあげたいと思う(誰だお前は)それが私がなぎにできる唯一の恩返しなのだから(できません)なぎ光線がご両親の発案とのネタバレがありみんなじゃあ許した感出てほっこりしたし両親が考えた自己紹介を使う家族間の仲の良さとかなぎのいい子さとかも垣間見えたしすごくいいエピソードだった。誤解されやすいというかうまく回らない感じがあるのかななぎには。知るとめちゃくちゃいい子なんけどね。(お父さんが勝手に応募用紙送ってオーデの日骨折ってて落ちると思ったけどニコモ受かった骨折ってて受かったの後にも先にも私だけみたいな事言われたって余裕しゃくしゃくのニコモなれた人生イージーモードエピソードには場内一同なんかムカつきましたね)(ふわふわのリーダーとしてみんなうまくまとめられない葛藤も手紙にはしたためられていたのでそんなに余裕で生きてるわけでも無いみたいです)公演後も誕生日おめでとうでみんななぎとの2ショ上げてて愛されてんだなと思った。乙女の子たちも上げてたのにはびっくりした。と同時に嬉しかった。俺がなぎが乙女メンバーと打ち解けるためにできることなんて一つもなかったな、、、全部なぎ一人でできてるな、、、無力だ、、、しにます、、、(躁鬱)周りの人達も握手会行ってからの手のひらを返したかのようななぎの高評価ぷりが半端なかったので実はアイドル向いてるのでは、、アイドルって言っても地下アイドルの方ね。接触に重きを置いて日々の食い扶持稼いでる方のアイドルね。向いて無い方がいいね。モデルで頑張ってください。原宿乙女でも頑張るっていうのならりーちゃんの次に応援してやらないことも無い(原宿乙女の話の時は先輩面する人)公演最後生誕メンバーと周辺がセンターステージくる時にふわふわだけじゃなく乙女のみんなもくるのよかった。りーちゃんと仲よさげだった。