ピンクス&コピンクス!スペシャルライブ@駿府城公園特設ステージ

僕、宮本佳林ちゃん全く好きじゃなかったんですよ。ずっとハロプロ見てる方からよく名前が出るので耳にするんですけど。まずjpgで見てちっともひっかからなくて。あーハロオタが好きそうな感じっすねはいはいぐらいに佳林ちゃんの素晴らしさを喧伝してくる人邪険に扱ってて。佳林ヲタめんどくさくて本人まで嫌いになってくるわぐらいの勢いだったんですけど。それは嘘ですけど。初めてかりんちゃんさんを見たのは今年のハロコンですね。入場前に5分ぐらいで簡易版お父さんのためのハロプロ研修生講座受けてまして。とりあえずちゃんさんとはまちゃん見とけばなんとかなるというレクチャーを受けていたのですが僕には金子りっちゃんがいるじゃないですか。僕には金子りっちゃんがいるじゃないですか。カラフルキャラクター公演を見てあまりに素晴らしくて感動してハロプロに戻って来た僕ですけれども。それでもなんだかなあと思う部分があって。ラララのピピピで変な子供二人でてくるんだけどなんなのこの子らいらないでしょ前には鞘師とまーちゃんがこのうさぎ役で出てきたと言うじゃないこんな子供でてこなくていいよ以前の体制に戻しなさいと思ってて。アンチハロプロ研修生バックダンサーシステムだったんですけど。そんな僕の強固な姿勢を打ち崩したのが金子りっちゃんなんですね。数公演はララピピでさゆ(の足)しか見ないということが続いたんですけど。次第にこの一曲に自分の持っているもの全てを出し尽くす様な金子りっちゃんの鬼気迫るダンスに魅了されていきまして。次第にさゆ(の足)から金子りっちゃんばかりに目がいくようになり。そうして金子りっちゃんが好きになって。みんなに向けて金子りっちゃんめちゃくちゃかっこいいですね!とか言ったらまた凄いとこいきましたね。。。みたいな辛辣なリアクションが方々から返ってきてムカついてお前ら金子りっちゃんの素晴らしさがちっとも分かっとらん!と頑固おじさんになってしまい金子りっちゃんの評価が不当に低いのが納得できないからさしあたり1番人気がある感じの宮本佳林さんを敵視する事態に発展してたんですけど。そんな感じで研修生事態にも興味を持ちだしてちょいちょいチェックしたりし始めまして。ハロコンで初めて研修生全員のパフォーマンスを目の当たりにしての感想は、僕は金子りっちゃんが好きなんでりっちゃんが1番素晴らしいと思いますけどなにもインプットされてないフラットな状態でハロプロ研修生という団体を見させられたらまずかりんちゃんさんに目が行きますね凄いですというお話を濃いハロオタの方にさせていただきまして。まあ金子りっちゃんのライバルとなる人ですから。それなりのパフォーマンス持っていてもらわないと困りますしね。ハロオタなら宮本佳林さん認めないといけないみたいな空気あるし一回褒めておけば僕の面子的にも安心だなと保身的な意味も込めて。思ったこと言ってるだけで嘘言ってないし。まぁ金子りっちゃんにはかなわないですけど。そんな感じで研修生金子りっちゃん激単推し打倒宮本佳林さんなスタンスでつい先日までいたんですけれども。ちょうど先週真野ちゃんのラストコンサートがありまして。これに行ったんですね。ハロ離れてたから当然今まで一回も真野ちゃんのコンサートとか行ったことないけど。ラストだからというミーハーじみたクソな理由で。ベリオタの人が昼は高崎ベリ行くから余ってるって言うからじゃあ自分思い出代打出ます!真野ちゃんの曲なんてさっぱり聴いてないから全部魔球に感じられてミートする気しないけど!あわよくば研修生も見れるだろうし!ということで。途中から案の定といいますか研修生がバックダンサーとして出てきまして。金子りっちゃん出てきた!!!やった!!お久しぶりです!!!とテンション上がりながら見てたらパフォーマンスに定評のある宮本佳林さんが隣にいらっしゃいまして。隣だとチラチラ見えちゃうじゃないですか。でさすがパフォーマンスに定評のある宮本佳林ちゃんだなかなかやりよると僕の好きな金子りっちゃんとパフォーマンスに定評のある宮本佳林ちゃんの一騎打ちの様相を呈してきたんですけど。いや確かにかりんちゃんさんすごい。すごいよ。でも金子りっちゃんが好きだから!金子りっちゃんだな!と好きさで押し切るという今考えたらこの時点で結構アウトな評価をくだしていたのですが元気者で行こうの煽りパート(正拳突きとかするところ)でふとみた宮本佳林さんがめちゃくちゃ格好良くて。動きがもの凄くて。ぐいぐい引き込まれていって。もうそこから僕の視界では真野ちゃんソロコンじゃなくて宮本佳林ちゃんソロコンになってしまった。もうちゃんさんしか見えなかった。お前さっきまで金子りっちゃんの隣で踊る宮本佳林ちゃんがチラチラ見えるって言ってたじゃねえかよって話なんですけど宮本佳林ちゃん見始めたらもう隣なんてちっとも見えなかったね。それだけすごかったんだよ。ライブ後の飲み会では来週は静岡行くに決まってるでしょ他に選択肢でしょ!って言ってた。今日の夕方まで宮本佳林ちゃん全然好きじゃなかったのに。なにを偉そうに。恥ずかしげもなく。この日を境に宮本佳林ちゃんの事がどんどん好きになっていってしまい特に琴線に触れなかったビジュアルもかわいいと思いだしあーいい曲ですねーぐらいでさらっと流してたコピンク楽曲を聞き返したらちゃんさんの透き通った伸びやかな声泣ける・・・奇跡・・・と思いだしたりしたりでそれはもう大変な一週間だった。急激に過剰摂取しすぎて木金曜日辺りに一旦飽きたからね。ヤバイと思って当日まで聴くのやめたもん。行きの電車の中で聴いたら月曜日に改めて聞き直した時ぐらいの感覚に戻ってたのでよかった。

現地10時前ぐらい到着。CD購入列はアホみたいに並んでたので諦め。めちゃくちゃ人来てますね。。みんなCD並んでたからステージ端の方は人少なくてよかった。コピンクちゃんa.k.a宮本佳林ちゃんが登場した瞬間衣装も相俟ってめちゃくちゃ可愛くて衝撃を受けた。一曲目はゴロー版の兎tocomeで面食らったけどまあ後から全部やるでしょうと思い直して持ち直した。今日はゴローブーイングしなくていいと思うのですが・・。ゲッターズ飯田さん占いコーナー。仕事運はアイドルが天職だそうです!やったねかりんちゃん!僕もそう思うよ!恋愛運で同級生とか非常に近しい人と結婚するって言われてて同級生とか1番凹むやつじゃん。。。とか言い合ってたら近くのスタッフの人に苦笑されてた。キモオタすいません。。。その後作詞作曲方面の才能もあると言われててアイドルなのに作詞作曲もできるとかうん割と意味分かんないアーティストじゃないのかなそれはゲッタさん調子良いことばっかり言ってるんじゃないのー?と思いながら黙って聞いてた。そちらの才能もあると言われた宮本佳林さん勢いよく作詞作曲もやってみたいです!と言いだしておいおいマジかよ原発再稼働とアイドルのアーティスト化だけは勘弁してくれよ悪い未来しか予感できない。。。とめちゃくちゃテンションが下がったんだけどその発言のすぐ後に先ほど性格診断で言ったことをすぐ忘れると指摘されていたのでって言ってもすぐ忘れちゃうんですけどねと被せてきて即作詞作曲やりたい発言を撤回しててこりゃとんでもないアイドルが現れたもんだ!!!と先の発言でテンション下がってた分超回復みたいな感じで一瞬の切り返しの素晴らしさでもっともっとちゃんさんが好きになってしまった。からのコピンクちゃん単独ステージ。人の頭が視界に入らない好ポジションで見れてコピンクちゃんの頭の先からつま先まで克明に目に焼き付けたしオタクもうるさくなかったのでコピンクちゃんのビブラートも堪能できたしで文句の付け所がなかった。トークの時にたまにマイク両手で持ってつま先上げてかかとだけで立つってのをやっててそれがめちゃくちゃかわいかった。そんな神懸かった可愛い動作本当に狙いなしでやってるのかい?って思わず聞きたくなってしまうぐらい信じられないほど可愛い動作だった。自分はファン歴1週間なのでアレですがエッグの頃から応援している人には佳林ちゃんがソロで歌っているこの光景は感無量でしょうなと思った。兎tocomeのモノローグパートもエモーショナルでめちゃくちゃよくってそっからゴロー入ってくるところゴロー含めてもう最高だった。その後コピンク卒業式が始まって形式的なものなんだろうなと思ってたら卒業証書を読み上げる楽曲の作詞を担当されている児玉雨子さん(美人)がまず感極まってらっしゃってて自分この番組のこと微塵たりとも知らないけどコピンクちゃんも佳林ちゃんも制作陣にもの凄く愛されてるんだなということが伝わってきてこちらももらっちゃって目頭が熱くなった。本当にいい卒業式だった。最後のカリーナノッテ polaris mixも今この雰囲気にハマリまくるエディットでそれはもう素晴らしい空間だった。何から何まで本当によかった。これで最後なのは本当に惜しい。せめて最初で最後のライブを映像として出していただきたいです。楽しすぎて浮かれてテンションが上がって先週真野コン行って佳林ちゃんを好きになってよかった!って言ったらナチュラルにマノフレに怒られて怖かった。

終了後CD購入列に並ぶも完売で買えず。みんなで静岡おでんを食べた。帰りがてらSATOYAMA、ひな祭りも顔だそうかなと思ってたけどコピンクイベがあり得ないぐらい良すぎたから向こう寄ってもなにがしかの不快な思いするだろうしせっかくのこの幸せな気分をブチ壊されたくないなと考えそのまま帰宅。いい1日だった。これからも宮本佳林さんを応援していきたい。