ららぽーと新三郷

12時スタートなのに11時に着いた!異例!早く来たからといって特に何をするということは無くMusic Japan効果で人が増えてうわー現場変わったなー昔はよかったなあ的な老害スタイルを決めてノスタルジックな感傷に浸りたかっただけです。特に大手のオタクと仲がいいということもないので聖誕祭準備の喧騒にもさほど紛れることも無く過ごしていたところ既に握手会のトリガーとなる映画の前売り券は売り切れているとの報を聞きももクロ現場の勢いを真に実感するのであった。メインとなるところの男性が多いのは当然ながら女性も数多く集まっており女性、家族専用席もかつて無いほどの盛況だった。有料スペースの入場が終わることには2階の周回コースも大勢の人が詰め掛けており本当にもうショッピングモールを埋め尽くしていた。会場もイベントのためにエスカレーターを停止までしてくれるバックアップっぷりで本当にありがとうございますららぽーとさん。

ライブが始まり最初の方はうわぜんぜん見えねえじゃんと悲しい気持ちになってたんですけどももクロちゃんのすごく楽しそうな様を見ていたら次第にそんなことは全然気にならなくなっていった。ツアー中は後半満身創痍なとこあったので久しぶりに全快ももクロちゃんを見せ付けられた。始まるまで遠い存在になったなと思ってたけど全然遠くなかった。いつもと変わらなかった。ライブがしっかりしていればある程度の距離と人の多さは関係なくなってしまうものだなと感じた。日記書くためのネタになる詳細なディティールが見えないぐらいだ。プロレスネタ、キン肉マンネタをやられるとおっさんだけどまだこの現場にいていいんだと安心します。やり続けてください。久しぶりに聴いた喉が本調子のしおりんのあいうえお作文はとてもかわいらしくそれでいてきれいな声でさながら小鳥のさえずりのようだった。晴天も相まって避暑地にでも来たのかと錯覚してしまったほどだ。とても心地よかった。新曲が2曲発表された。1曲目は給食会で披露されたというオレンジノート。初見で入り込める程の力の入ったアッパーな曲ではなかったので保留。次の曲はアニソン全開でなんだろうこれと思ってたら玉置成実のBlieveだった。間の恐らくFKDが盛り込んだであろうラップパートがすごくかっこよかった。HIPHOPが好きなんじゃなくてラップという歌唱法が好きでHIPHOPが好きクルーなのでたまらないものがありますね。あーりんのラップはどんどん良くなっていくなあ。全力少女はアンセム感が板についてきたなと感じた。晴天がとても似合う曲だ。

握手会。れにちゃんがピンクのセットアップを着ていたのでレッスン着?自分レッスン着フェチなんで今度みんなレッスン着でライブやってよっていうラインで話を展開しようとしたらレッスン着?の段階で違うよ!さっき買ってもらったんだよ!ってすげー怒られた。やっぱりうまくいかない。レッスン着(違うけど)のれにちゃんは日ごろのダンスの成果かヒップがクイッと持ち上がってて可愛かったです。前述のレッスン着ライブはみんなのそういうところを見たいのでお願いしております。汲んでください。彩ちゃんにはお誕生日なのでももパンの写真あげた。ありやすに何回も日焼け止め塗ったのに日焼けした死にたいとあかりんにはまぶしい!みえない!もうやだー!と愚痴られた。基本全員テンションがおかしいです。握手会の休憩時間に音流してスマイレージ踊ったり女子流踊ったりで会場の多幸感半端じゃなかった。しおりんめちゃめちゃ踊れてた。もうしおりちゃんったらアイドルオタクさんなんだから〜。で君たち休憩時間がそれでいいの?

チェキ会は人が増えすぎて今後無いと勝手に決め付けて一回参加。ありやすさんでした。異常なハイテンションありやすさんでした。朝から何にも食べてないけどまあ痩せるからいいや!痩せるし!って言ってた。それは違うと思いますよ!ご飯食べてください!飢えたしおりん手乗りタイガーみたいになってこわいし!かなこにも同じ話したらもうねー踊るしかない。踊ってすべてを忘れるしかないって言い始めた。そんなに好きなのかライブ。すげーな。君らがそんなに楽しいならそりゃ見てる方も楽しいわ。イベントが進んでいくと仕切り進行環境等なんかしらのマイナス要因があったりしたりでいやーな気分になることもあるんだけどそれが些細なことでどうでもよく思えてしまうぐらいその場にいる人間を絶対に幸福にする彼女たちの底抜けの明るさとかひたむきさとかその辺は本当にすごいと思う。どうかしてる。狂ってる。人間どうやったらあんな清々しい人に育つのか全く理解できない。アイドルとかそういうの置いておいても人間として尊敬できますからね。自分の醜悪さに気づいて自責の念にかられるまである。醜いから綺麗なの欲するんだけど!

その後当選者への似顔絵書きがあってようやく予定されていた全工程が終了したと思いきやそこまで終わって更に最後にミニライブをやるとのこと。袖でかなこが柔軟しててあーりんしおりんが必死にロックダンスの確認しててなんかやるなとは思いましたがここにきてまたライブですかい。今回は座りでゆっくりと見ていたのだが格好良すぎて泣きそうになってしまった。別格過ぎる。Believeのダンスのネクストレベル感ハンパない。ネクストっていうか3つ先ぐらいまで一気に行っちゃったなーって感じがした。完全に集団として鍛え上げられてた。全員が一個のキリングマシーンとして機能してた。ホテルモスクワみたいだった。アイドル戦国時代にアフガン帰還兵が参戦してきちゃったよ。戦争だよ。その気になったら暴力協会(東京女子流)、三合会(スマイレージ)殲滅できるでしょ。アイドルオタクというコミューンで生きていく中でデコフェイスの姉御だけは敵に回しちゃいけないなと思った。次の怪盗少女ではかなこが相変わらず足の指先ステージから出てるぐらいに前へ前へなステージングを披露していてすごくかっこよかった。ただそれをやってしまうと対称で練習通りしっかりやってるあーりんが割を食ってしまうのよね。ほんとはあーりんが正しいんだけど奥に引っ込んでる感じがしてしまうからね。そうやって自らも与り知らぬところで他人を蹴落としていくんだねかなこ。かっこいいよかなこ。最後にミニライブやってくれるとみんな満足して気持ちよく帰れるしこういうのがももクロ現場だって思いますしとてもいいですよね。で掃けて終わりかと思いきやれにちゃんだけ一人で戻ってきて昨日のラジオで聞いた人だけに判る合言葉を決めたのにそれについて一切触れてなかったごめんなさいということでそのくだりをやって以上私たち週末ヒロイン1/6ももいろクローバーでしたー。でほんとうにおしまい。

何時に始まっても結局エンドは20時ぐらいになるのね。当初は新三郷の後都内でライブ予定ということだったんだけど結果的には一日中新三郷で正解だったんじゃないですかね。