ラブプラス

たしなみとしてやってみました。いやーこういうの好きじゃないんですよ。ゲームでやるんだったらリアルでやるっつーの。つーかあのですね。なんでもできる媒体でリアリティを求めるってのがまずいけ好かないんですよね。せっかくなんでもできるんだから普通にしてたらできないことしたいもん。恋愛するゲームよりレイプしまくるゲームの方がやりたいもん。このゲームが面白いとかつまんないとかって話じゃなくてまず開発理念とかそういうレベルから同意できないわけです。ゲームなんだからゲームじゃないとできないことしたいの!!!!リアル追求すんなよ!最近じゃRPGなんかでも街がでかくてウゼエとかいう理由で投げちゃったりするよ。未だにアナログコントローラー使えない化石ですいません!ラノベ読みます!という感じでゲーム的には何一つ魅力を感じないのですがそこに声優が介在しているのならば話は全く別なわけです。声優はファンタジーです。リアルに即した恋愛ゲームでも声優はファンタジー。生身の人間からアニメの声でる。これをファンタジーと言わずしてなんといいましょうか。といういことでラブプラスをやってみました。まず第一に記するとするならばやはり皆口でしょう!皆口ボイスやばすぎる!!お姉さんキャラとのマッシュアップで効果は数倍となりほとんど反則です!あまたの声ヲタがプレイ中に皆口へと流れていきました。これはしょうがないよ。声だけ聞けば3人の中でぶっちぎりだもん。僕はYAWARA世代でもあるからいろいろと思うところがあるわけですよ皆口ボイスには。これには私もさすがに皆口かなと感じたのですがプレイ開始が遅かったこともあり友人が皆毎日素敵な皆口ライフをエンジョイしているのでいまさらそこに参画するのもいかがなものかなと思ったりもしましたので丹下桜に標的を絞りました。丹下桜はちょう久しぶりの声優復帰ですがあまりよくなかった。いかんせんキャラとの相性が悪かった。ショートアシメのメンヘル寸前ちゃんだもの。僕の声優知識だと丹下桜ってCCさくらしかないもの。突き詰めると高校生を演じる時点で間違ってる気がしてきたし今。しかしまあキャラ的には好きな部類なので頑張った。声優目的でゲームを始めたのにキャラで頑張るってどういう事なのというのは脇に置いておいて頑張った。バイトをすると皆口が現れてあの声でしゃべりだしちゃって私の心アンロックしちゃいそうになるからバイトコマンドは一切使わなかった。魅力をあげたくてしぶしぶバイトしたらデートに誘われちゃったりして皆口ってば魔性!とか思ったりそれを振り切ったり。そうして84日目!ついに丹下桜と付き合うことと相成りました!100日のうちに彼女出来ないとゲームオーバーになっちゃうからささすがに80日過ぎるとひやひやしたよ。ここからが本当のはじまり!現実の時間軸と同じ流れで彼女と付き合う日々が続きます!これがいけなかった。私のようなちゃらんぽらんなヲタクがこのようなハードコアなモードを選択してはいけなかった。ゲームなんか好きな時間にやりたいよ。なんで週末のデートの約束しておいて当日その時間になったらDS開いてデートスポットまで赴かねばならんのだめんどくせえアホとなってしまいそこから今に至るまでDSを開いていない。リアルタイムじゃないモードでやり直せないですかね。最初からやらないとダメですかね。あと丹下桜は付き合ってデレデレになってくると丹下桜ここにあり!っていう声と演技をしてきます。待ってました!!汝のあるべき姿に戻れクロウカード!!!!!